【有明】2020年8月オープン!ヴィラフォンテーヌ グランド 東京 有明、GoToトラベル利用宿泊滞在記。

宿泊
スポンサーリンク

2020年11月14日から翌日15日にかけて、『ヴィラフォンテーヌ グランド 東京 有明』に家族3人で宿泊しました。

Go Toキャンペーンに東京が追加され、都民ですが都内でゆったりしたいなと、大浴場を利用できるホテルを探しました。

こちらは隣接する温浴施設を利用することができ、2020年8月にオープンしたということで、とても新しいホテルでした。

オープンして数か月のホテルに泊まるということはあまりないので、どんなものだろうと興味が湧きました

今回は楽天トラベルを利用して、予約を取ってみました。

実際に利用したプランと料金、滞在の様子をまとめて行きたいと思います

料金

今回私達は楽天トラベルで宿泊を手配しました。

選んだプランは【スタンダード♦温浴&朝食付き】温浴施設でリラックス 厳選素材の80種のブッフェ朝食付きプランです。

部屋のタイプはコンフォートトリプル【26平米】ベッド3台〈禁煙室〉×1部屋でした。

息子は7歳なので区分は小学校低学年ですが、こちらでは大人と同額になるので以下の金額でした。

大人:12210円×2=24420円+小学生低学年:12210円×100%×1=36630
(サービス料込、消費税込み)

こちらの金額に対して3種類のクーポンが適用された内訳と差引き合計支払額は以下になりました。

【国内宿泊】〈GoTo トラベル〉1月までのご宿泊で使える最大35%OFFクーポン
(1会員1予約限定限定・先着利用88万枚)
11770
【3000円クーポンを限定50名様に!】GoToトラベルと一緒に使ってさらにお得にステイ★3000
【高級宿】5と0の付く日5%OFFクーポン1831
差引き合計支払額20029

随分お安くなりました。

旅好きの方々が盛り上がっていたのも納得できました。

今回はさらにホテルにてGoToトラベルの地域共通クーポン5000円分発行してもらえたので、本当にお得な滞在となりました。

ヴィラフォンテーヌ グランド 東京 有明

2020年8月にオープンしたホテル、『ヴィラフォンテーヌ グランド 東京 有明』の客室や、温浴施設『泉天空の湯』などについて紹介していきます。

ロビー

ホテルの入り口

ホテルの建物に入るとさらに自動ドアがあります。

アルコール消毒

入り口前にはアルコール消毒が設置されていました。

ホテルロビーの入り口

ロビー入り口の自動ドアの周りはクリスマスの装飾がされていました。

入り口が開くと奥行きのある広々とした空間が現れましたが、手前の方にカウンターが設置され、そちらで、地域共通クーポンの受け取りの手続きができるようになっていました。

実はチェックイン時間の15時の約一時間前に、重すぎる夫のリュックだけでも預かってもらおうかとロビーに出向いたのですが、部屋の準備ができているとのことで、チェックインをすることになりました。

検温をして、夫と息子にはロビーのソファーで待ってもらい、自動チェックイン機にてチェックインを行いました。

これは夜、人が少ない時に撮影した写真ですが、自動チェックイン機もたくさん設置されています。

自動チェックイン機

到着した14時台はかなりスタッフの方が多い状況だったので、私がチェックインする際も、一人の方がずっとそばについて操作方法を教えてくださいました。

今回は3人での宿泊なので、部屋のカードキーが3枚発行されました。

クリスマスデコレーションされたロビー

レセプション前の、ソファーなどがある空間は3か所に分かれていました。

その真ん中のスペースは大きなクリスマスツリーが飾られていました。

また、クリスマスツリーの前にはデコラティブな一人掛けソファーが2つ置いてあり、写真スポットになっていました。

さらに写真に変化を付けられるように、棒の先に帽子や吹き出しなどが付けられた棒が何本か用意され、楽しい写真が撮られる工夫がされていました

家族連れの人達がスタッフの方に写真を撮ってもらっている光景も見られました。

入れ替わりのある撮影スポットですが、撮影が終わった後にスタッフの方が使用した棒の念入りに消毒されていました

クリスマスツリーの夜間の様子

夜はこのように一部のオブジェがライトアップされていました。

オブジェのライトはこの写真だと、グリーンピンクですが、青から紫にだったりと順々に色が変わっていくものでした。

スタッフの方に、このコーナーについて尋ねてみたのですが、昼間は後ろの大きなガラスから日が差し込むので逆光のような感じになってしまうので、夜の撮影がお勧めとのことでした

デコレーションされていないソファーコーナー

ちなみにデコレーションされていないコーナーはこんな感じで、とても落ち着いた雰囲気でした。

ロビーの様子

またレセプションを過ぎたあたりからさらに奥を見ると、突き当りにレストランがありました。

今回利用することはなかったのですが、ブッフェが朝、昼、夕のどの時間帯も実施されているとのことでした。

またこちらのホテルを利用することがあれば、ぜひ利用したいと思います。

このホテルは客室は16階まであるのですが、エレベーターが3階から9階までと、10階から16階までの行き先別に4台ずつありました。

10階から16階までのエレベーターはロビーの階の他、泉天空の湯や、朝食会場、モールへの連絡通路のある6階にも止まることができます。

客室まで

今回は16階の部屋ということでしたので10階から16階用のエレベーターで昇ってきました。

エレベーターホール

新しいホテルだけあって、設備もきれいで、エレベーターホールも広く素敵な空間でした。

廊下

廊下の幅も広めです。

一部右折、左折、左折、右折とコの字型に曲がる作りなので分かりにくいですが、ホテルの建物自体が細長い作りなので廊下も長いです

部屋入り口

カードキーをかざして客室に入ります。

客室

好きなYoutuberさんがしているのを真似して、可能な限り蚊取り線香方式で壁に沿って順々に客室紹介をしていきたいと思います

まず入ってすぐの左手の壁は建物の躯体なのか1メートルほど進むと2、30センチほど奥行きが出る作りになっていました。

その奥行きにぴったりと収まるサイズのハンガーラックが設置してありました。

オープンラックで正面を向いた状態で服がかけられるようになっています。

右側には衣類用消臭スプレーもかけられていました。

この部屋にはクローゼットはありませんでした。

しかし、家族で利用していますし、最近はどこかに宿泊さる場合でも、荷物をできるだけ減らすようにしているので、困ることは何もありませんでした。

ハンガーラック

下の方にスリッパが置ける台も備え付けられた仕様になっています。

室内で使える使い捨てタイプのスリッパと、泉天空の湯に履いていける館内用のものの2種類が置かれていました。

スリッパ置き

室内スリッパの横にはランドリーバックと、サンドリ―サービスの申し込み用紙も置かれていました。

ランドリーサービスは私は今まで使ったことはないのですが、やはりお客として受けられるサービスの種類が多いのはいいことだと思います

ちなみにこちらのホテルにはランドリーコーナーもあるので、自身で洗濯をすることもできます

ランドリーサービスの用紙

ハンガーラックのすぐ隣にはシンクがありました。

ちょっと水道を使いたくても、いちいち洗面台に行く必要が無く助かりました。

家の息子はもう小学生ですが、もっと小さいお子さんがいたりしたら、これは便利なんしゃないかと思います。

シンクの横には電気ケトルと、無料サービスのミネラルウォーターも置かれています。

シンク台

シンク台の下には冷蔵庫が備え付けられていました。

何も入っていないタイプだったので、ミネラルウォーターを早速2本冷やしました。

冷蔵庫

シンク台の右側にはテレビボードと、同じ材質で作られたサイドデスクがありました。

テレビは49インチの大きさでした。

画面で館内の情報や、館内Wi-Fiのパスワードなどを見ることができ、便利でした

テレビとエアコンのリモコンはケースに入れられ、スピーカーと一緒にテレビの前に置かれていました。

スツールが2つあり、3人家族にとっても便利に感じられる設計でした。

テレビボード

サイドデスクの手前側の下段には貴重品ボックスと、引き出しにはドリップコーヒー紅茶と緑茶のティーバッグクリーム砂糖カップグラスが入っていました。

コーヒーセットとカップとグラス

テレビの右下辺りにはユニバーサルタイプのコンセント普通のコンセントUSB有線LANの差込口がありました。

コンセントは旅先ではあればあるほど便利ですよね。

一人でももちろんですが、私たちはそれぞれの携帯充電器や、夫はパソコンも持ち歩くことが多いので、本当に助かります。

手前のスピーカーはBuletooth対応のSONYのスピーカーです。

音楽をよく聞く方なら手軽に音楽を聴けていいですよね

ちなみに私も音楽を聴くことは好きなのですが、3人でいるときは各々好きなことをしたりしますし、音楽は聴きません。

ちょっと試しに聴いてみたかったです💦

各種コンセントとスピーカー

サイドデスクの右側は大きめの鏡があり、ドレッサーのような使い方ができるようにもなっていました。

サイドデスクの右側

トリプルルームということなので、部屋の真ん中にはシングルベッド台置かれていました。

ベッドはシモンズ社の特注ベッドマットレスが使用されているということでしたが、とてもいいベッドでした。

よく眠れましたし、翌日起きたときは身体に少しも違和感がありませんでした

空気清浄機はパナソニックのナノイーでした。

客室は16階ではあったのですが、施設側だったので背の高い建物が目の前にある状態であまり高さを感じることができませんでした。

またホテルの外装のデザインの関係もあると思うのですが、出られたりはしませんが窓の外にベランダぐらいのスペースがあり、そのさらに外側に部分的な枠のようなものがありました。

その為、窓の大きさより視界が狭くなるような感じもあり、お世辞にも眺めがいいとは言えない感じではありました。

反対側の客室なら眺めがもっと良かったかもしれません。

ちなみに部屋の中が反射して映ってしまってはいますが、夜景はこんな感じで見えました。

ベッドの頭側の壁には、ベイエリアの有名スポットの写真のフレームが飾られていました

ベッドボードにはコンセントUSBライトの調整つまみがあり、下にニッチがあったので充電中の携帯を置くことができました。

部屋着は上下セパレートタイプでした。

結構しっかりした生地だったので、暖房を効かせた部屋だと暑く感じるぐらいでした。

次は洗面所とお風呂、トイレを紹介します。

洗面所とトイレのドアの間には姿見がありました。

洗面所のドアを開けるときれいな洗面所とバスルームの扉が見えます。

洗面台のガラスは壁いっぱいの幅があり、大きかったです。

洗面台は楕円のコロンとした感じで、そんなに大きくないですが、個人的にはメイク用品などたくさん物が置ける方がいいので、使いやすい大きさでした

アメニティ―ボックスの中には歯磨きコットンと綿棒のセットヘアブラシボディータオルT字カミソリが入っていました。

ちなみに子供用のアメニティーセットはフロントでもらうことができました

内容は歯磨きバスボールゲームブック子供用スリッパでした。

洗面台の下にはバスタオルが3枚、フェイスタオルが3枚、ティッシュとドライヤーが置いてありました。

ドライヤーはパナソニック製の物でした。

バスルームはこんな感じで、新築マンションのお風呂のようでした。

夫が翌日使用しましたが、家庭のお風呂のようで使いやすかったと言っていました。

バスルームにはボディーソープシャンプーコンディショナーのポンプタイプが置かれていました。

バスアメニティーはペリカン石鹸製です

トイレのドアは入り口にあることに配慮されてか、引き戸になっていました。

自動でトイレの蓋が開くタイプの物でした。

たまたまですが壁付のリモコンが自宅の物と同じタイプだったので、なんだか親近感が湧きました。

洗面所と離れているので、手洗い場も設けられていて、ハンドタオルも掛けられていました。

泉天空の湯

今回、このホテルに宿泊することに決めた大きな理由は温浴施設の利用ができるということでした

使用できる温浴施設は2020年6月17日に、商業施設『有明ガーデン』と一緒にオープンした『泉天空の湯』です。

普通は特別料金での利用となるのですが、今回利用したプランだと滞在時間中は何度でも利用できたのでとてもお得に利用することができました

また、10月23日より新型コロナウィルス感染症の為延期になっていた天然温泉の供給が始まったとのことで、タイミングよく利用できたと思います

ホテルからは6階の専用通路を通って一度も外に出ることなく、『泉天空の湯』行くことができます。

オープンしたてで綺麗なのと、ナチュラルな雰囲気で、温泉という感じはあまりしない外観です。

館内は2階建て構造になっていて、1階部分には下足箱を入れるスペースの他に、レストラン&カフェの『ARIAKE KITCHEN(有明キッチン)』とカフェラウンジリラックスラウンジがあります。

そして2階に、男性用、女性用の大浴場岩盤浴女性用のラウンジがあります。

階段を上って左手に、男性用大浴場の『あかつきの湯』があります。

右側奥には女性用大浴場の『ゆうさりの湯』があります。

岩盤浴は入館料金にプラスして利用料金を払うことになるので、2階の岩盤浴コーナー前には受付があります。

今回利用はしなかったのですが、こちらは温浴プランでも料金は別途必要となります

大浴場はそんなに広くないので、入浴後ラウンジでゆっくりするのがこちらを利用する上での醍醐味なのかもしれません。

ホテルの部屋からだと、直ぐと言える距離ではないのですが、私は家族と夕方利用し、朝も一人で利用させていただきました。


別記事でまとめています。

朝食会場

朝食会場は6階の『Ariake Garden Lounge(有明ガーデンラウンジ)』というバンケットホールのような場所で取ることができました。

ホテルのレストランはブッフェレストランなので、朝食もそちらでいただけるのかなと思っていたのですが、違いました。

後でレストランの席数を調べてみたのですが、240席ということだったのでコロナ対応という意味でも朝食付きプランのお客さんと、朝食付きプランではなくレストランを使用されるお客さんが分かれて使用できた方がいいのかもしれません。

会場に着くと、入り口付近で、手指の消毒をし、スタッフの方にビニール手袋を1枚取るように言われました。

料理を取る際にはマスクと利き手にビニール手袋を使用するルールになっていました。

会場は大きな窓はあるものの、眺望を楽しむ感じではありませんでした。

大きなマンションがあり、こちらはいいのですが、住まれている方は気を遣うのかななんて考えてしまいました。

ブッフェの内容はサラダ、種類豊富な和、洋のおかず、デザート、飲み物です。

パンも種類豊富で、食べない予定でしたが、珍しく好きなパンがあり勢いに任せて取ってしまいました。

ご飯は、白米、おかゆもあったのですが、酢飯も用意されていて、簡単な海鮮丼が作れるコーナーがあったので作ってみました。

明らかに取りすぎですが、いろいろ持ってきました💦

コロナになってから宿泊した場所で、初めてサラダブッフェスタイルで取ることができました。

私は取りませんでしたが、スクランブルエッグやソーセージなどもありましたし、洋風のデザートもありました。

焼き魚や、納豆もあったので純洋風、純和風としばったとしてもバランスの取れた美味しい朝食をいただくことができる品揃えでした。

私は写真の分を食べた後、フルーツミルクティーを淹れて、いただきました。

流石に食べすぎ、この日は昼食をパスしました。

なお、こちらの会場には紙コップと蓋があり、コーヒーをお部屋に持ち帰ることができるようになっていました

その他の施設など

ランドリーコーナー

泉天空の湯』や朝食会場と同じ6階にはランドリーコーナーがありました。

ドア枠上部のサインが分かりやすく、おしゃれでした。

ドラム式の洗濯機が7台ありました。

洗剤も自動投入されるタイプでした。

また、支払いが小銭だけでなく、IC系カードなどで済ますこともできるのが素晴らしいです

最近めっきり現金を使わなくなったので、こういったキャッシュレスの選択ができる場所が増えてきてうれしいです。

自動販売機コーナー

各階には自動販売機も置かれています。

そのまま自動販売機が置かれているわけではないので、ホテル内の雰囲気も、損なわれていません。

ランドリーコーナーと同じく、ドア枠の上部付近に、分かりやすくおしゃれな飲み物のサインがありました。

ドアにも中に何があるのか書かれています。

お酒の自動販売機と製氷機と電子レンジが置かれています。

自販機と製氷機と電子レンジ

反対側にはジュースなどの自動販売機とAEDが置かれています。

有明ガーデンモールとの接続

ホテルから『泉天空の湯』に連絡通路があると書きましたが、そのまま有明ガーデンとも連絡できるようになっています。

写真はモール側から撮りました。

これに気付かず、ホテルを出て外からモールに一度行ってしまいましたが、雨に濡れないで行くことができるのはポイントが高いと思います。

まとめ

今回、Go Toキャンペーンを利用し、『ヴィラフォンテーヌ グランド 東京 有明』に宿泊しました。

楽天トラベルを利用したことでGo Toトラベルクーポン以外の割引もあったので大変お得に利用することができました

今年の8月にオープンした新しいホテルということで、綺麗で気持ちよく過ごせました

チェックアウトが11時なので、チェックアウトまでの時間もゆったり過ごすことができてよかったです

都内に住んでいるので、私が今後積極的に泊まりにくることは無いかもしれませんが、有明ガーデンには様々な施設も併設されているので、機会があれば、レストランや『泉天空の湯』にまた来れたらと思います。

お台場などを観光するにはいい立地なので、東京に遊びに来るカップルや、家族にはお勧めのホテルであることは間違いないです。

ちなみに息子は「また行きたいな。」と言っております。

有明ガーデンのショッピングモールについての記事はこちら

アクセス

《所在地》
〒135-0063
東京都江東区有明2-1-5

《交通手段》

【電車】
ゆりかもめ利用の場合、『有明テニスの森』より徒歩5分

りんかい線利用の場合、『国際展示場』より徒歩7分

【バス】

『お台場海浜公園駅前』より「海01(KM01)門前仲町行き」にて4分、『有明テニスの森』下車、徒歩4分

『東京駅丸の内南口』より「都05-2(東京ビックサイト行き)」にて29分、『有明2丁目』下車、徒歩2分

《電話番号》
03-6426-0505

《公式ホームページ》
https://www.hvf.jp/ariake-grand/


コメント

タイトルとURLをコピーしました